iwase - PukiWiki
  • 《いとにき(伊都日記)》
    • こんな夢を見た… 
      • (gloss-japanese) (業績番号と連携研究者) (控除書類(H28年版))  (行列式について) (成績表)
      • XeLaTeX + zhspacing で宮沢賢治の最後の手紙というのを Typeset してみる… (ソース)(pdfファイル)(90度右回転したpdfファイル)
      • トポロジー分科会のメールリスト (Topology-Bunkakai) を発展的にリニューアルし、東京都市大の井上氏とメールリスト Topology-ML の運用を始めた。一方で以前評議員をさせて頂いていた時代に運用を始めた研究連絡会議のメールリストに加えて拡大連絡会議のメールリストの運用を始め、これらのMLにも東京都市大の井上氏に手伝って頂くこととした。
      • LSの猫についてのガネア予想の記述が wikipedia にあった。
      • 講義ノートの xelatex 化に着手した。演習問題の解答を穴埋め式にして、なるべく図を挿入しようと思うのだが、なかなか大変な作業だ。 一方で xeCJK のバージョンが上がっていて、イタリックとかボールドとか勝手に生成してくれることに気がついた。 結構使えそうな気がする。
      • ついにというか、30年来の問題であった空間のA∞構造の単位元の問題にケリがつけられた。 また SO(10) のLSの猫もなんとか確定できたと思う。どうにかして一般の n で cat(SO(n))=cup(SO(n)) が証明できないだろうか?
      • 職員証兼カード鍵兼生協カード兼バスカードとして配布された分厚いカードは、ISO/IEC21481(NFC IP-2) の ISO/IEC14443 Type B で作られている。住基カードや免許証と同じで頑丈なセキュリティーが売りの規格だが、民生用の規格である ISO/IEC18092(NFC IP-1) には入っていないし、とにかく使い勝手が悪い。反応は鈍いし、密着させないと認識しないし、読み取りエラーは絶えない。先日はエラーでカード鍵が使えず、情報なんとかセンターとかいう所に相談に上がると長時間待たされた挙げ句に、職員から横柄な態度で「あなたにはその権限が無いようです」と言われた。意味が判らないので調査をお願いすると、数日後に事務的に「設定を間違えていた」という知らせだけが届いて、使える様になるまでにはそれからまた数日を要した。住基カードや免許証なら、セキュリティーが第1で使い勝手は二の次で良かったかもしれないが、多目的職員証に使うべき規格だろうか。理論上使えるということと実際に役に立つこととは全く異なる。情報なんとかセンターとかいう所が、仲間内の趣味で作ったとしか思えないおもちゃの様なしろものを「使え」と頭ごなしに言ってきて、こちらには選択の自由もない…
      • 最近、Jacobian matrix と Jacobian determinant の表示をどうすべきか悩んでいる。これまで、前者は $J$ で表示するか $d$ を用いて表して、後者は $\partial$ を用いて表してきたのだが、数学辞典が前者に $\partial$ を用いて表すことが判明して困惑している。調べれば、工学系など圧倒的に昔ながらの書き方が優勢なのだが。
      • 先日のことだが、障害者についてのアンケート形式を踏襲しつつアスペルガー症候群についての啓発を行うのが主たる目的であるとしか読み取れない文書が某Q大のハラスメント委員会から回ってきた。空気を読めない学生が空気を読めるように導く為の作法の解説を記述する一方で、主語が前後で一致しない「わかるでしょ?空気読んで察してね」とでも言いたげな、書いた人のレベルを疑いたくなる様な問いが並ぶ。私の知る限り、アスペルガー症候群と思われる一群の人々は空気など読まず、知的レベルが高く、真っすぐな性格である。従って、空気を読むことを強要する様な文章しか書けない某Q大のハラスメント委員会の重鎮の方たちにとっては、彼らとコミュニケーションを取ることはかなり困難であろうとは想像に難くない。実際、空気を読めるように導く為の作法などといったものに意味があるとは思われないし、もっとはっきり言えば、空気ばかり読むような人間に真に新しいことなどできるわけがない。某Q大のハラスメント委員会の面々は、自分たちの考える「彼らの欠点」を補おうと汲々とするよりも、逆にもっと彼らを尊重し、より才能を伸ばすことを考えた方が良いのではないか、と私には思われる。
      • 帝力何有於我哉 --- 目立たないのが良い帝である。目立てば利用しようとする者が必ず現れることを歴史が証明しているのではないか。
      • 「局所コンパクト」と「局所コンパクト Hausdorff」はかなり様子が異なる。後者では任意の点の近傍の中にその点のコンパクト近傍が取れるのに対して、前者では一般にはできない。ということは、明らかに「位相幾何学I」(小松中岡菅原)の補題5.1の証明は間違っていて、あるべき定理の文言から「Hausdorff」の条件が抜け落ちている。教科書によっては局所コンパクトという名前でコンパクト集合による近傍系が取れるものという定義を採用することもあるが、この「位相幾何学I」では通常の定義を採用していることが系1.6の仮定と証明からも読み取れる。現実に、といっても私が学部二年の時の古い話だが、局所コンパクトに対する通常の定義を採用した講義の試験にこの補題の証明が出題されてしまい、試験時間の大半を(他の問題は簡単だったので)費やして考えたあげく、最終的には証明を諦めざるを得なくなり、決心してその反例を具体的に構成して出題した先生に「K先生、これ、先生の問題の反例です」と言って手渡したのは、個人的には忘れることのできない思い出だ。私の記憶が正しければ、その時のK先生の反応は「この問題 間違ってた? この本(位相幾何学I)の補題をそのまま出しただけなんだが」だった。
      • luatex を導入する為に MacTeX 2016 を入れたのだが、これが酷い。Windows font の読み込みは失敗するわ、addfontfeatures は効かないわではどうしようもない。Sierra 以外は問題なく MacTeX 2013 に戻せたが、Sierra では MacTeX 2013 が ttc に対応せず、フォントを入れ替えてもレイアウトが崩れる。
      • 1800年以上前の創建という、博多駅近くの住吉神社は、創建当時は海岸線に面していたのだという。博多駅前はさらに御笠川の河口でもあったはずで、ここを斜めに突っ切ろうとする地下鉄工事が事故で中断する事態に陥っている。室見川近くで非常に深い場所にある室見駅に延伸した時の地下鉄工事と同じ程度の用心深さはあったのであろうか。安上がりに出来る場所と出来ない場所があるだろう。
      • 『陛下のご意向』なるものが紙上を賑している。象徴ならばそのご意向などが意味を持つはずはない。これから『陛下のご意向』が利用価値を持つことにならないよう、祈るのみである。
    • …ぢっと手を見る。
 
  • 平成28年度 (後期)
     
       月      火      水      木      金   
    1限                              
    2限三年セミナー講義(全学)      三年セミナー      
    3限            講義(全学)      ATセミナー
    4限      四年セミナー  お茶会  講義(全学)      
    5限福大セミナー四年セミナー  談話会    OH  金曜セミナー
    • 学内委員(数学部門長,公開講座委員,情報推進専門委員、数理同窓会編集幹事)
    • 学外委員(トポロジー拡大連絡会議構成員,トポロジーML補助司会者)
    • ML管理(トポロジー評議員ML,トポロジー連絡会議ML,トポロジー拡大連絡会議ML,トポロジーML)
 
 
 
 
 

ユーザ用Wikiトップ ウェブページへ 戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-01 (木) 19:48:12 (9d)