iwase - PukiWiki

Norio iWASE / 岩瀬 則夫 Web Home



  • 《いとにき(伊都日記)》
    • こんな夢を見た… 
      • (gloss-japanese) (業績番号と連携研究者) (被扶養者申告書類(H29年版)) (年末調整書類(H29年版))  (行列式について) (成績表)
      • XeLaTeX + zhspacing で宮沢賢治の最後の手紙というのを Typeset してみる… (ソース)(pdfファイル)(90度右回転したpdfファイル)
      • トポロジー分科会のメールリスト (Topology-Bunkakai) を発展的にリニューアルし、東京都市大の井上氏とメールリスト Topology-ML の運用を始めた。一方で以前評議員をさせて頂いていた時代に運用を始めた研究連絡会議のメールリストに加えて拡大連絡会議のメールリストの運用を始め、これらのMLにも東京都市大の井上氏に手伝って頂くこととした。
      • LSの猫についてのガネア予想の記述が wikipedia にあった。
      • 講義ノートの xelatex 化に着手した。演習問題の解答を穴埋め式にして、なるべく図を挿入しようと思うのだが、なかなか大変な作業だ。 一方で xeCJK のバージョンが上がっていて、イタリックとかボールドとか勝手に生成してくれることに気がついた。 結構使えそうな気がする。
      • ついにというか、30年来の問題であった空間のA∞構造の単位元の問題にケリがつけられた。 また SO(10) のLSの猫もなんとか確定できたと思う。どうにかして一般の n で cat(SO(n))=cup(SO(n)) が証明できないだろうか?
      • 職員証兼カード鍵兼生協カード兼バスカードとして配布された分厚いカードは、ISO/IEC21481(NFC IP-2) に規定されている NFC-Forum Type B で作られている。住基カードや免許証と同じで頑丈なセキュリティーが売りの規格だが、民生用の規格である ISO/IEC18092(NFC IP-1) (NFC-Forum Type A と Type F が規定されている)には入っていないし、とにかく使い勝手が悪い。反応は鈍いし、密着させないと認識しないし、読み取りエラーは絶えない。先日はエラーでカード鍵が使えず、情報なんとかセンターとかいう所に相談に上がると長時間待たされた挙げ句に、職員から横柄な態度で「あなたにはその権限が無いようです」と宣告された。意味が判らないのでそれは何かの間違いですからと調査をお願いしてもこれまた横柄な態度で「すぐにはできない」とのたまう。数日を経過した後に、事務的に「設定を間違えていた」という知らせだけが届いて、使える様になるまでにはそれからまた数日を要した。だいたい、住基カードや免許証ならセキュリティーが第1で使い勝手は二の次で良かったかもしれないが、多目的職員証に使うべき規格だろうか。理論上使えるということと実際に役に立つこととは全く異なる。そんなことは全く意に介さない、ふんぞり返ったお役所の様な所が、仲間内の趣味で作ったとしか思えないおもちゃの様なしろものを「使え」と頭ごなしに言ってきて、こちらには選択の自由もない…
      • 最近、Jacobian matrix と Jacobian determinant の表示をどうすべきか悩んでいる。これまで、前者は $J$ で表示するか $d$ を用いて表して、後者は $\partial$ を用いて表してきたのだが、数学辞典が前者に $\partial$ を用いて表すことが判明して困惑している。調べれば、工学系など圧倒的に昔ながらの書き方が優勢なのだが。
      • 2015年のことだが、障害者(原文ママ)についてのアンケート形式を踏襲しつつアスペルガー症候群についての啓発を行うのが主たる目的であるとしか読み取れない文書が某Q大のハラスメント委員会から回ってきた。空気を読めない学生が空気を読めるように導く為の作法の解説を記述する一方、主語が前後で一致しない「わかるでしょ?空気読んで察してね」とでも言いたげな、書いた人のレベルを疑いたくなる様な問いが並ぶ。私の知る限り、アスペルガー症候群と思われる一群の人々は空気など読まず、知的レベルが高く、真っすぐな性格である。従って、空気を読むことを強要する様な文章しか書けない某Q大のハラスメント委員会の方達にとっては、彼らとコミュニケーションを取ることにはかなりの困難が伴うであろうことは想像に難くない。実際、空気を読めるように導く為の作法などといったものに意味があるとは思われないし、もっとはっきり言えば、空気ばかり読むような人間に真に新しいことなどできるわけがない。某Q大のハラスメント委員会の方達は、自分たちの考える「彼らの欠点」を補おうと汲々とするよりも、逆にもっと彼らを尊重し、より才能を伸ばすことを考えた方が良いのではないだろうか。
      • 「局所コンパクト」と「局所コンパクト Hausdorff」はかなり様子が異なる。後者では任意の点の任意の近傍の中にその点のコンパクト近傍が取れるのに対して、前者では一般にはできない。ということは、明らかに「位相幾何学I」(小松中岡菅原)の補題5.1の証明は間違っていて、あるべき定理の文言から「Hausdorff」の条件が抜け落ちている。教科書によっては局所コンパクトという名前でコンパクト集合による近傍系が取れるものという定義を採用することもあるが、この「位相幾何学I」では通常の定義を採用していることが系1.6の仮定と証明からも読み取れる。
      • 以前から思っていたことだが、誰であれ、仲間内の『事情』と何の裏付けもない『忖度やらその場の空気』とに寄り掛かる『仲間内の常識』と言う名の暴論に従うばかりで相手の顔を見て一人称と二人称で話をすることができない様なやさぐれた人間にはなって欲しくないし、特に自ら文系であると称する類の人たちこそ、普遍的な『原理原則』と言葉本来の定義に基づく『論理』とに真摯に従う『普遍的な論証』によって裏打ちされた結論を見つけ出す方法を自ら学んで欲しい、との思いを一層強くする出来事があった。空気に従うばかりで約束をないがしろにすることを肯定したり、忖度するばかりで誠意を踏みにじることを良しとしたりなどという、論理的に筋の通らないことをしがらみや情に訴えて正当化しようなどといった企てを寄せ付けないことこそが、一個の人間として大切なことであると信ずる。
      • 引き継ぎというのは、これまでやっていた人から見れば、具体的な説明や詳細を記した資料の作成などで時間と手間を取られてしまうという面倒なだけの作業に過ぎない。さらに言えばこれが通常の作業に余分に加わるのであり、普通に考えればこんな作業は決してやりたいとは思われない。一方で、これからやっていく人から見ても、多くの時間を取られることまでは同じなのだが、実際に引き継ぎが無ければ何をやって良いかの判断が難しくなるし、必要なものがどこにあるかも分からず、時間を浪費してしまうことになる。その上一つ間違えると、他の作業と齟齬を来してしまう恐れもあり、引き継ぎを欠くことなど考えられない。しかし世の中には何か極めて『個人的な理由』を自ら設定して自らがやってもらった引き継ぎを棚の上に放り投げ、具体的な説明もしなければ詳細を記す書面も作らず頬被りするという人間がいるのである。
      • 次世代 tex の本命だと言われている luatex を使うことにまたしても挑戦することにした。今度は MacTeX 2017 を入れたら、MacTeX 2016 とは違ってなんとか動いた。Windows font の読み込みもできるし、addfontfeatures も無視されない。肝心の luatex も、コンパイルスピードがましになっていて、これなら使えないこともない。luatex は元々の tex との互換性を犠牲にしても、斬新なスタイルを貫こうとしているらしいのだが、実は日本語化はそれと真逆のアプローチで、ptex との互換性を可能な範囲で取ろうとしている。翻って xetex はどうか。元々の tex との互換性はそこそこ担保している様子なのに、日本語化はむしろ世界標準に寄っている感じで、ptex との互換性は低いが欧文処理を含めた一貫性がある。どちらにしても jarticle は無いが、luatex なら \usepackage{luatexja} を、xetex なら \usepackage{zxjatype} を preamble に記述すればすぐ使える。さらに xetex なら \usepackage[slantfont,boldfont]{xeCJK} を preamble に加えると和文もイタリックやボールドが使える様になるし、\setjamainfont{xxx}\setjasansfont{yyy}\setjamonofont{zzz} を記述すれば、英文の roman, sans serif, mono に対応して字体を変えられる。それでは、日本語に関して ptex との互換性を取るか、世界標準との親和性を取るか。あるいは、基本機能に関して将来性を取るか、tex との互換性を取るか。
      • キャンパス行きの昭×バスのバス停「理学部前」の英訳が長らく「School of Sciences(??)」だったのが去年くらいから徐々に「School of Science(理学部)」に置き換わってきている。ただ、もちろん、まだ全部ではないし、アナウンスの方は「School of Sciences(??)」のままだ。それでも西×バスの「Faculty of Science(理学研究院)」に比べればまだましなのか。
    • …ぢっと手を見る

 
  • 平成30年度 (後期・予定)
     
       月      火      水      木      金   
    1限      M1セミナー            M2セミナー
    2限      M1セミナー講義(理学)      M2セミナー
    3限      四年セミナー講義(理学)      ATセミナー
    4限      四年セミナー  お茶会  講義(全学)ATセミナー
    5限福大セミナー  OH    談話会    OH  金曜セミナー
    • 学外ML管理(トポロジー評議員ML,トポロジー連絡会議ML,トポロジー拡大連絡会議ML,トポロジーML)
 
  • 平成30年度 (前期)
     
       月      火      水      木      金   
    1限      M1セミナー            M2セミナー
    2限      M1セミナー講義(全学)講義(全学)M2セミナー
    3限      四年セミナー            ATセミナー
    4限      四年セミナー  お茶会        ATセミナー
    5限福大セミナー  OH    談話会    OH  金曜セミナー
    • 学外ML管理(トポロジー評議員ML,トポロジー連絡会議ML,トポロジー拡大連絡会議ML,トポロジーML)
 
  • 平成29年度 (後期)
     
       月      火      水      木      金   
    1限講義(全学)三年セミナー      四年セミナー      
    2限講義(全学)三年セミナー      四年セミナー      
    3限      M1セミナー      四年セミナーATセミナー
    4限      M1セミナー  お茶会  四年セミナー      
    5限福大セミナー  OH    談話会    OH  金曜セミナー
    • 学内委員(公開講座委員,情報推進専門委員、数理同窓会編集幹事)
    • 学外委員(トポロジー拡大連絡会議構成員,トポロジーML補助司会者)
    • 学外ML管理(トポロジー評議員ML,トポロジー連絡会議ML,トポロジー拡大連絡会議ML,トポロジーML)
 



ユーザ用 Wiki トップ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-23 (月) 16:42:21 (33d)