tsujii/lectures/2011/Math1 のバックアップの現在との差分(No.1) - PukiWiki

*微分積分学(2010年度,数学科向け)のホームページ [#q76795a2]
*数学1(2011年度,文系学科向け)のホームページ [#q76795a2]

**自主ゼミのテキストについては[[こちら>tsujii/lectures/2010/seminartext]]を参照) [#y5d01e46]

**後期の講義については[[こちら>tsujii/lectures/2010/Biseki(Math)2]]. [#r09752b7]

**基本情報 [#t7cab3f7]

-講義時間 金曜日2時限
-講義室  全学教育棟 2222号教室
-教科書  ラング著 「解析入門」(岩波書店)定価は4410円(Amazonでは中古が2250円.)
-講師   辻井 正人 (数理学研究院),研究室は数理棟(理系図書館のとなり)の417号室
-講義時間 水曜日3時限
-講義室  全学教育棟 2307号教室
-教科書  特になし.
-講師   [[辻井 正人:http://dan.math.kyushu-u.ac.jp/groups/home/]] (数理学研究院),研究室は数理棟(理系図書館のとなり)の417号室


**連絡事項 [#e9b167ae]
-休講等の予定:6月4日(金曜日)は海外出張のため休講の予定
-7月16日(金曜日)は月曜日の講義が入るためこの講義はありません.([[全学教育の学年歴>http://rche.kyushu-u.ac.jp/gakunenreki/gakunen-reki2010.html]]参照)
-期末試験の期間は8月2日〜6日です.ただし,進度によって7月30日の講義時間中に行う可能性があります.
-休講等の予定:6月1日(水曜日)は海外出張のため休講の予定
-レポートの提出方法:A4版のレポート用紙に書いて最後の授業で提出.

**各回の講義について [#fbcbd932]

講義内容の概略についてはシラバスを参照.以下に各回の講義内容と予定についてまとめておきます.(講義進行にあわせて付け加えていきます.)講義資料は下にあります.
講義内容の概略についてはシラバスを参照.以下に各回の講義内容について以下にまとめておきます.(講義進行にあわせて付け加えていきます.)講義資料は下にあります.

:第1回 オリエンテーション(4/16)| 
:第2回 微分係数・導関数(4/23)|
--内容:教科書第3章(接線,微分の定義,極限の基本性質,べき関数の微分,和積商の微分公式,合成関数)
--補足:合成関数の微分については今回できなかったので来週にしますが,「習うより慣れよ」です.宿題をしっかりやってください.ただし,全部をやる必要はないです.自分でこれは大丈夫!と思えればそれで o.k です.来週の小テストは宿題から出します.
--宿題:p80-81 問題 1~39, p86-87 問題1~70
:第3回 変化率(4/30)|
--内容:教科書第3章(合成関数の微分律,変化率)
--宿題 : p84-84 1-10, p88 1-11
:第4回 正弦と余弦(5/7)|
--内容:教科書第4章(正弦と余弦)と Euler の公式 &mimetex("e^{i\theta}=\cos \theta+i\sin \theta");
--宿題 : p100-101 1-8, p109 1-18
:第5回 平均値の定理(5/14)|
--内容:教科書第5章(平均値の定理)連続関数の最大値の存在,ロルの定理,平均値の定理;
--宿題 : p116 1-13, p127 1-28
:第1回 オリエンテーション(4/13)| 
:第2回 作図(1)(4/20)|
--定規とコンパスによる作図の最初の課題として,いくつかの基本的な作図と正五角形の作図をします.
:第3回 作図(2)(4/27)|
--正五角形の作図について復習し,そのあと「基本的な17の作図」(プリント参照)のうち最初の9題について考えた.
--レポート問題を出した.(提出は最後の講義のときにまとめて受け付ける.)「与えられた1つの円に外接し,かつ,互いに隣の円と接するような同じ半径の5つの円を描け.」(下の図のような感じ,ただし,円は互いに接しているようにする.)
#ref(ume.gif)

:第6回 曲線を描くこと(5/21)|
--内容:教科書第5章(平均値の定理)の第3節「増加・減少関数」と第6章第3節「凸関数」;
--宿題 : p148 12, 13 , p159 1-18
---コメント:p148の12,13は凸不等式と呼ばれる不等式で,いろいろな場面で用いられる.p159の問題は第4節「パラメータ表示による曲線」の部分です.パラメータ表示による曲線は2年生以降で習う幾何や解析で多用される.難しいものではないが,良く慣れておくことは大事なのでしっかり練習しておいてほしい.
:第4回 作図(3)(5/11)|
--これまでの講義内容について復習した.
--「基本的な17の作図」(プリント参照)のうち最初の10番から13番について解説した.
:第5回 作図(4)(5/18)|
--「基本的な17の作図」(プリント参照)のうち最初の14番から17番について解説した.
-- 作図問題の例と「軌跡交会法」について説明した.

:第7回 逆関数(5/28)|
--内容:教科書第6章第5節(パラメータ付けられた曲線)と第7章(逆関数)について講義した.逆関数の微分法則について述べ,具体例として逆三角関数について簡単に触れた.;
--宿題 : p169 11, p173 1,2,3, p177 4~16, 22~32のうちのいくつか.
--休講の週の分の宿題:p191 7~10, 24, 25, p201 1~5, 11~15
--- コメント:上の宿題のいくつかはかなり難しいものも含まれている.あきらめないで粘り強く取り組んでほしい.
:第6回 作図(5)(5/25)|
-- レポート問題を2つ出した.
--レポート問題1「3つの同心円が与えられた時,それぞれの円上に点A,B,Cをとって三角形ABCが正三角形になるように作図せよ.また,そのような作図が可能であるための3円の半径についての条件を求めよ.」
-- レポート問題2「三角形ABCが与えられたとき,辺AB上に点P,辺BC上に点Q,辺CA上に点R,Sをとって,四角形PQRSが正方形になるようにせよ.」

:第8回 指数関数と対数関数(6/11)|
--内容:教科書第8章(指数関数と対数関数)の主に第4節「大きさの程度」と第5節「いくつかの応用」について講義した.;
--宿題 : p208, 1-10, 18, 22, p211, 1-15
6月1日は休講

:第9回 積分法|(6/18)|
--内容:教科書第9章(積分法)について講義した.特に,定積分の定義について,分割についての上方和,下方和を用いて詳しく述べた.
--宿題:特になし.ただし,定積分の定義の部分はやや込み入っているので教科書とノートをよく読んで自分なりに理解を深めておくこと.また,講義の最後にリシッツ連続の場合に上積分と下積分が一致することについて別証明を与える問題を出したが,実際には優しいので自分で証明をつけてほしい.
:第10回 積分の性質(6/25)|
--内容:教科書第10章(積分の性質)について講義した.特に,第4節の広義の積分については高校で学習しない範囲であるので詳しく述べた.
--宿題:p252, 1-6, p269, 1-12
--コメント:広義積分の収束の判定においては,積分を計算する必要はなく,積分区間の端での関数の様子を他の関数(主にベキ関数)と比較することで十分であることに注意すること.比較の対象としてどのような関数をとるべきかは,少し練習が必要.宿題をやっておくこと.
:第11回 積分の計算,いくつかの計算練習(7/2)|
--内容:教科書第11章(積分の計算)について講義した.ただ,広義では有理関数の積分や三角関数の積分について詳しく述べられなかったので,各自補っておいてほしい.
--宿題:p272, 1-17, p279, 1-20, p280-282についても目を通しておくこと.
:第12回 テイラーの公式(7/9)|
--内容:教科書第14章(テイラーの公式)の第4節までと第8節の一意性定理について講義した.
--宿題:p327, 1-6, p329, 1-6, p328 1-13についても目を通しておくこと.
:第13回 テイラーの公式(7/23)|
:第14回 &color(red){期末テスト(7/30)};|

**講義資料 [#eff6d5ec]
#attach
&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS