iwase2 - PukiWiki

Norio iWASE / 岩瀬 則夫 Web Home


  • Profile / プロフィール
  • 《いとにき(伊都日記)》
    • こんな夢を見た。
      • 国土を省みぬ無責任な主張、華やかな消費生活への憧れ、終わりのない内戦、襲いかかる温暖化による干ばつ−終末的な世相の中で、アフガニスタンは何を啓示するのか。見捨てられた小世界で心温まる絆を見いだす意味を問い、近代化のさらに彼方(かなた)を見つめる。ー 中村哲医師
      • 中村哲医師・西日本新聞特設サイト
         
      • 閑話(通信の秘匿について)
         
      • 電子メールによる通信は経路上の誰でも読むことができるものである。では普通の郵便ではどうだろう。郵便専用車を用いればハガキでも多少は安心できるが、漏れてはまずい内容なら封筒に厳封する。電子メールでの通信の秘匿にも、ハガキに対する郵便専用車の使用に当たる「伝送路(Point to Point)の暗号化」と封筒に厳封するのに当たる「End to End 暗号化」の二種類がある。後者はメール発信者から受信者までの完全な暗号化を意味するが、前者はいわゆる伝送路と呼ばれるものに、クライアント・サーバ間(自宅から郵便局まで)とサーバ内(郵便局内)それにサーバ・サーバ間(郵便局間)の三種類があることに注意すべきだろう。一番目については SSL/TLS や STARTTLS 等で伝送路の暗号化が進んできているが、二番目については見ても忘れてくれるように祈るしかない。では三番目はどうだろうか。これについても STARTTLS による伝送路の暗号化が RFC3207 に規定されたが大手の運営するサーバでも導入はそれほど進んでいないと言われている。そもそも伝送路の暗号化が全伝送路で保証される訳ではない上に認証の仕組み自体に平文でのやり取りが含まれるなど伝送路の暗号化は大きな弱点を抱えているとの指摘には頷かざるを得ない。従って現時点で個人情報などの重要情報の電子メールでのやり取りには「End to End 暗号化」の利用を前提とせざるを得ないであろう。さらに広く使われるメールクライアントである Thunderbird も End to End 暗号化を行う OpenPGP と S/Mime の両方のプロトコルを v78.2 から本体標準でサポートした…
         
      • 閑話(折りに触れて思うこと)
         
      • 書籍を送るのに郵便局の「クリックポスト」を使ってみたが、使い難いことこの上ない。こんなダメ仕様がいまだに生き残っていると言うのは驚きだ。とにかくお金を確保しようという意図は痛いほど伝わってくるが、お金さえ確保したらユーザの利便性には興味が無いということも伝わってくる。スマホ対応だと言うだが、iphone では肝心の印刷用のポップアップが現れない。なぜポップアップなのか検討したのだろうか。ポップアップブロックを解除して広告ブロックを解除してセキュリティーアプリをオフにしても出てこない。お金を払っている客にこの対応は余りに酷いが、取りあえず mac で chrome を使うことにした。それでなんとか印刷画面が現れたと喜んだのも束の間、印刷すれば文字化けする。恐らくいまだに古の sjis か何か macOS のサポート外の文字コードを使っているとしか思われない。とりあえず画像として印刷できたが、ダメダメITの典型であろう。
      • 少し余裕があったので、自宅サーバ(個人のページ)にサイト証明書を入れた。dynamic dns サーバ提供の無料の証明書だが、とりあえず chrome でも safari でも問題なく見ることができた。
      • 某学部の教某会では投票用には対面ではなく WebEx を使うことになった。まあ、大学本体からそういう要請があるのだから当然だろう。ただ、数某学研某院は投票があっても無くても(!)なんと出席を強要してくるので、持病持ちとしては本当に困っている。もう少し柔軟な思考とか言うものを持ち合わせては頂けないものだろうか?
      • そろそろ LuaTeX が旬になってきた様である。ptex との互換性もまあまあ(zh とか zw とか Q とか H に \ の頭置が必要)だし、新しい Mac なら遅いなりに使えるスピードにはなった。まあ XeTeX と比較すると slant と bold に対応しないのが困りものだが、tombo も打てるし将来的に pdftex の置き換えになると言うのだから、スライドを xetex にして文章は luatex というのが良さそうなのかなと思い始めている。
      • PPAP にはあまり意味がないというのは昔から当然のこととして知っていたのだが、Windows では百害あって一利無しであるというのは最近知った。私は Mac を使っているので、使うとすれば ZIP というより 7z で AES-256 暗号化しか考えないが、Windows では単純な zipcrypto とかいう Windows 標準の全く意味のない(時間が無駄になるだけの)暗号化が一般的だったらしいのである。これはすぐに暗号解読可能な全く意味のない"暗号化"なのだそうだ。…どう考えても、添付ファイルを AES-256 暗号化してクラウドに置いてその暗号化キーを E2E 暗号化メールで送るのが一番良さそうに思われる。例えば Thunderbird を使うならならカギ管理も楽々だし、Canary Mail を使うならさらに暗号カギまで勝手に作ってくれて暗号化を意識する必要性すら無い。
         
  • Thunderbird v78.2 は v.68 の enigmail の設定を見つけると自動で設定を移行しますかと聞いてくる。どう設定したか忘れてしまったが、Thunderbird は相手の公開鍵も勝手に見つけてきてくれるみたいなのでとてもラクチンである。あれ、そういえば Thunderbird は pep(pretty easy privacy)だったかのサポートやめたのかな。
  • 「局所コンパクト」と「局所コンパクト Hausdorff」はかなり様子が異なる。後者では任意の点の任意の近傍の中にその点のコンパクト近傍が取れるのに対して、前者では一般にはできない。ということは、明らかに「位相幾何学I」(小松中岡菅原)の補題5.1の証明は間違っていて、あるべき命題の文言から「Hausdorff」の条件が抜け落ちている。教科書によっては局所コンパクトという名前でコンパクト集合による近傍系が取れるものという定義を採用することもあるが、この「位相幾何学I」では通常の定義を採用していることが系1.6の仮定と証明からも読み取れる。
  • 少し余裕ができてきたので数学も考えてみた。やはり  ▢◯▷ 問題を考察せねばならないだろう。
  • 最近、Jacobian matrix と Jacobian determinant の表示が教科書によって全く違うという事実に直面してどうすべきか悩んでいる。前者を固く $\bf J$(混乱を招きそう)または $D$(本命)で表すなら、後者は $J=\det{\bf J}$(混乱を招きそう)または $J=\det{D}$(本命)か。前者を $\frac{\partial\,{(y_1,\ldots,y_m)}}{\partial\,{(x_1,\ldots,x_n)}}$(混乱の元である)または $\frac{d\,{(y_1,\ldots,y_m)}}{d\,{(x_1,\ldots,x_n)}}$(余り見かけない)で表すなら、後者は $\det\frac{\partial\,{(y_1,\ldots,y_m)}}{\partial\,{(x_1,\ldots,x_n)}}$(混乱を招きそう)または $\det\frac{d\,{(y_1,\ldots,y_m)}}{d\,{(x_1,\ldots,x_n)}}$(余り見かけない) であろうか。次第に「本命」と「余り見かけない」記号を使おうかという気になりつつある。
  • ついにというか、30年来の問題であった空間のA∞構造の単位元の問題にケリがつけられた。 また SO(10) のLSの猫もなんとか確定できたと思う。どうにかして一般の n で cat(SO(n))=cup(SO(n)) が証明できないだろうか?
  • トポロジー分科会のメールリスト (Topology-Bunkakai) を発展的にリニューアルし、東京都市大の井上浩一氏とメールリスト Topology-ML の運用を始めた。一方で以前評議員をさせて頂いていた時代に運用を始めた研究連絡会議のメールリストに加えて拡大連絡会議のメールリストの運用を始め、これらのMLにも東京都市大の井上氏に手伝って頂くこととした。
  • ぢっと手を見る。
 

 
  • 令和3年度 (前期・予定)
     
       月      火      水      木      金   
    1限                              
    2限      講義(全学)                  
    3限            D3セミナー      M2セミナー
    4限      講義(全学)D3セミナー      M2セミナー
    5限福大セミナー  OH    談話会        金曜セミナー
    • 学内の仕事:情報政策委員会委員(4月末まで)、情報推進専門委員、労働衛生・安全専門委員
    • 学外の仕事:トポロジー拡大連絡会議構成員,トポロジーML補助司会者
    • MLの管理:トポロジー評議員ML,トポロジー連絡会議ML,トポロジー拡大連絡会議ML,トポロジーML
       
  • 令和2年度 (後期)
     
       月      火      水      木      金   
    1限講義(全学)      講義(理学)            
    2限            講義(理学)            
    3限                  D1セミナーM2セミナー
    4限      講義(全学)  お茶会  D1セミナーM2セミナー
    5限        OH    談話会  ATセミナー金曜セミナー
    • 学内の仕事:情報政策委員会委員、情報推進専門委員、労働衛生・安全専門委員
    • 学外の仕事:トポロジー拡大連絡会議構成員,トポロジーML補助司会者
    • MLの管理:トポロジー評議員ML,トポロジー連絡会議ML,トポロジー拡大連絡会議ML,トポロジーML
 

 
 

 

ユーザ用 Wiki トップ

1/412

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-11-11 (金) 12:49:13 (17d)