iwase - PukiWiki

Norio iWASE / 岩瀬 則夫 Web Home



  • 《いとにき(伊都日記)》
    • こんな夢を見た… 
      • 国土を省みぬ無責任な主張、華やかな消費生活への憧れ、終わりのない内戦、襲いかかる温暖化による干ばつ−終末的な世相の中で、アフガニスタンは何を啓示するのか。見捨てられた小世界で心温まる絆を見いだす意味を問い、近代化のさらに彼方(かなた)を見つめる。ー 中村哲医師
      • 中村哲医師・西日本新聞特設サイト
 
  • 閑話(通信の秘匿について)
  • 電子メールによる通信の秘匿には「伝送路の暗号化」と「メールの暗号化」の二種類があります。後者は End to End の暗号化を意味しますが、前者はいわゆる伝送路に、クライアント・サーバ間とサーバ内それにサーバ・サーバ間の三つがあることに注意すべきでしょう。一番目については SSL/TLS や STARTTLS 等で伝送路の暗号化が進んできていますが、二番目については信用するしかありません。では三番目はどうでしょうか。これについても STARTTLS による伝送路の暗号化が RFC3207 に規定されましたが大手の運営するサーバでも導入はそれほど進んでいないと言われていますし、そもそも伝送路の暗号化が全伝送路で保証される訳ではない上に認証の仕組み自体に平文でのやり取りが含まれるなど伝送路の暗号化は大きな弱点を抱えていると認識できます。どうやら現時点で個人情報などの重要情報の電子メールでのやり取りには「メールの暗号化」の利用を想定せざるを得ないように思われます。さらに、OpenPGP に対しては、現在 Enigmail プラグインでサポートする Thunderbird もv78.2から本体標準でサポートします。
 
  • 閑話(折りに触れて思うこと)
  • 遠隔会議システムはどれもどんどん改良を重ねている。ZOOM Meetings, WebEx Meetings, Skype for Business を主に使っているが、この順番に使いやすいのは間違いない。ただ、Skype for B は Mac のサポートが弱い上にあと1年程でサービスが終了するのでバグがあっても放って置かれそうだ。ZOOM は主たるサーバが某国内にあり、その某国に関する特定の meeting が排除されたという事実からも某国政府の意向を無視できないようである。そういう理由でこれを推すことはもうできないと感じる。WebEx は7月から無料版に時間制限(50分)がついてしまったが、そのせいか最近軽くなってきたし、さらに End2End の暗号化にも対応するので、とりあえず安心して使えそうではある。
  • 講義で使っている WebEx でも virtual background をサポートした。精度はまだ余り良くないし画像も三つしか選べない(アプリの中にあるので、場所さえ分かれば入れ替えること自体は可能だった)が、この勢いならすぐになんとかなるだろう。
  • 少し余裕ができてきたので数学も考えてみた。やはり  ▢◯▷ 問題を考察せねばならないだろう。
  • 「局所コンパクト」と「局所コンパクト Hausdorff」はかなり様子が異なる。後者では任意の点の任意の近傍の中にその点のコンパクト近傍が取れるのに対して、前者では一般にはできない。ということは、明らかに「位相幾何学I」(小松中岡菅原)の補題5.1の証明は間違っていて、あるべき命題の文言から「Hausdorff」の条件が抜け落ちている。教科書によっては局所コンパクトという名前でコンパクト集合による近傍系が取れるものという定義を採用することもあるが、この「位相幾何学I」では通常の定義を採用していることが系1.6の仮定と証明からも読み取れる。
  • 最近、Jacobian matrix と Jacobian determinant の表示が教科書によって全く違うという事実に直面してどうすべきか悩んでいる。前者を固く $\bf J$(混乱を招きそう)または $D$(本命)で表すなら、後者は $J=\det{\bf J}$(混乱を招きそう)または $J=\det{D}$(本命)か。前者を $\frac{\partial\,{(y_1,\ldots,y_m)}}{\partial\,{(x_1,\ldots,x_n)}}$(混乱の元である)または $\frac{d\,{(y_1,\ldots,y_m)}}{d\,{(x_1,\ldots,x_n)}}$(余り見かけない)で表すなら、後者は $\det\frac{\partial\,{(y_1,\ldots,y_m)}}{\partial\,{(x_1,\ldots,x_n)}}$(混乱を招きそう)または $\det\frac{d\,{(y_1,\ldots,y_m)}}{d\,{(x_1,\ldots,x_n)}}$(余り見かけない) であろうか。次第に「本命」と「余り見かけない」記号を使おうかという気になりつつある。
  • ついにというか、30年来の問題であった空間のA∞構造の単位元の問題にケリがつけられた。 また SO(10) のLSの猫もなんとか確定できたと思う。どうにかして一般の n で cat(SO(n))=cup(SO(n)) が証明できないだろうか?
  • 講義ノートの xelatex 化に着手した。演習問題の解答を穴埋め式にして、なるべく図を挿入しようと思うのだが、なかなか大変な作業だ。 一方で xeCJK のバージョンが上がっていて、イタリックとかボールドとか勝手に生成してくれることに気がついた。 結構使えそうな気がする。
  • トポロジー分科会のメールリスト (Topology-Bunkakai) を発展的にリニューアルし、東京都市大の井上浩一氏とメールリスト Topology-ML の運用を始めた。一方で以前評議員をさせて頂いていた時代に運用を始めた研究連絡会議のメールリストに加えて拡大連絡会議のメールリストの運用を始め、これらのMLにも東京都市大の井上氏に手伝って頂くこととした。
  • ぢっと手を見る…

 
  • 令和2年度 (前期・予定)
     
       月      火      水      木      金   
    1限講義(全学)                  M1セミナー
    2限                        M1セミナー
    3限            D2セミナー      M2セミナー
    4限      講義(全学)D2セミナー      M2セミナー
    5限福大セミナー  OH    談話会        金曜セミナー
    • 学内の仕事:情報推進専門委員、労働衛生・安全専門委員
    • 学外の仕事:トポロジー拡大連絡会議構成員,トポロジーML補助司会者
    • MLの管理:トポロジー評議員ML,トポロジー連絡会議ML,トポロジー拡大連絡会議ML,トポロジーML
 



ユーザ用 Wiki トップ

1/47

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-01 (土) 16:49:06 (4d)